文部科学大臣杯争奪 鷹揚旗全国選抜大会 ’21 開催中止について


文部科学大臣杯争奪 鷹揚旗全国選抜大会 ’21
開催中止について

令和2年9月19日

参加チーム各位

鷹揚旗全国選抜剣道大会 大会長
陸奥新報社 代表取締役社長
三上 知美(公印省略)

謹啓 爽秋の候、常連参加チームの皆様におかれましてコロナ感染症も煽りを受けご苦労の日々とご察し致します。例年、当大会に参加賜り心からお礼申し上げます。
さて、令和3年1月4日(月)~6日(水)に開催を予定しております、第28回目を迎える新春恒例の文部科学大臣杯争奪「鷹揚旗全国選抜大会 ’21」ですが新型コロナウイルス感染症が全国で拡大し終息が見えない状況を踏まえ、やもなく中止とさせて頂くこととなりました。北は北海道から南は九州まで全国の剣士が集う当大会とあって、今後の感染拡大や健康被害を未然に防ぐために何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
新型コロナの第二波のピークは過ぎたとの意見もでておりますが、第三波の到来も予想され予断の許されない状況にあります。このような状況が早く終息し、これからを担う若き剣士たちがマスクを外し思う存分に試合ができる日が来ることを祈念致しております。
来年度の開催に向けて我々も準備していく所存でございますので、今後とも変わらずご支援並びにご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

謹啓

担当 鷹揚旗実行委員会 実行委員長 中村 常信

星子啓太選手へのインタヴュー(PDF)